コンドームは、伸ばして陰茎の根元まで十分に被せること。そのためにはまず陰茎の皮のたるみを根元に寄せてその手前までコンドームをかぶせ、かぶせた部分の皮膚を亀頭側へ引き上げて伸ばした根元部分の皮膚にもさらにコンドームをかぶせるという、二段階の装着でしっかり覆うことが重要である。亀頭部分のみや陰茎の半ばあたりまでに被せた状態では使用時に脱落するおそれがあり、コンドームが脱落すると性感染症予防や避妊の目的を果たすことができない。また、陰茎の大きさに応じて適切なサイズのコンドームを選択しないと脱落あるいは破損のおそれがあります。コンドームは二枚重ねで使用しない。コンドームを厚くして早漏を防止する、あるいはコンドームが破れた時を想定して二重防御するなどコンドームを二枚重ねにするケースも見られるが二枚重ねしたコンドーム同士の摩擦が強いため、かえってコンドームの破損につながるおそれがあります。膣分泌液やローションなどが付着した陰茎にコンドームを被せると陰茎の上でコンドームが滑りやすくなり、使用時に脱落するおそれがあるので性交の途中でコンドームを装着するのは好ましくない。また油性のローションや軟膏などがコンドームに付着するとゴムを劣化させ、使用中に破損するおそれがあります。