★仮性包茎について★

陰茎の包皮が長いためにいつも亀頭が覆われている包茎のうち、真性包茎と違って包皮口が狭くないので反転できるものをいい、偽(ぎ)包茎ともよばれる。ほとんどの小児はこの状態であるが、これは包皮と亀頭が生理的に癒着しているためで、成長とともにこの癒着がとれてくれば、包皮は自然に反転されるのが普通である。仮性包茎は放置しておいても支障はない。しかし、亀頭部が不潔になりやすく、亀頭包皮炎を繰り返しているうちに癒着がおこって真性包茎になってしまうこともある。したがって、ときどき包皮を反転して恥垢(ちこう)がたまらないように局所の清潔を保つことがたいせつです。

仮性包茎について記事一覧

仮性包茎 カリ癒着

亀頭と包皮が癒着していると、すぐに真性包茎だと思ってしまうくれるものです。お湯に浸けたまま、ゆするようにするとよいといった説もあります。ほかにも、両手で先端部分の包皮を左右からつまみ、痛みを感じない程度に左右に引っ張るというのを朝起きた時、お風呂上り、夜寝る前の1日三回、1回10分を目安に行うという...

≫続きを読む

仮性包茎 一部癒着

癒着している場合の多くは、亀頭の下のくびれが見えない感じで亀頭と被っている皮の内側がくっつきます。ですから、カリとよばれる部分が多いです。ただ、そこだけとは限りませんのでご注意ください。

≫続きを読む

ヘアゴム 仮性包茎ヘアゴム 仮性包茎

女性が髪をまとめるのに 使う緩衝材のついた「ボアゴム」と呼ばれる物のサイズを調節し使う・突き指等をした時に使う医療用テープを貼る(貼り方によって重度、軽度すべてに対応できる)・ 輪ゴムで無理矢理皮が戻るのを防ぐ等があるが、輪ゴムは特に亀頭を壊死させる可能 性が高く、やってはいけない。ボアゴムにしても...

≫続きを読む